2011年5月14日 (土)

第287回 日本の城

唐津城:佐賀県唐津市東城内

唐津城は慶長13年(1608年)に完成した平山城である。Dscf0120
城を築いた寺沢志摩守広高は豊臣秀吉の側近で、築城には名護屋城の解体資材を用いたといわれている。

城は本丸・二ノ丸・三ノ丸・外曲輪に分かれ、本丸には天守台、二ノ丸には藩主の住居と藩庁があり、三ノ丸にはほとんどの藩士が住み、外曲輪には町人が居住し町奉行所がおかれていた。

城には寺沢氏以後は代々譜代の大久保・松平・土井・水野・小笠原の諸氏が入城した。
寺沢氏の12万3千石ではじまり、廃藩前は6万石であった。
明治10年から本丸跡は現在の舞鶴公園として一般に開放され、
藩主の住居は高校敷地となっている。

Dscf0118周囲約1キロ、面積4.3ヘクタール、海抜43メートルにそびえる現在の唐津城天守閣は天守台跡に慶長様式で、文化観光施設として昭和41年に完成したものである。
天守閣は五層五階、地下一階で博物館、展望所等があり、展望所からは、松浦潟の全景が一望におさめられる。
また唐津城は別名舞鶴城ともいわれ、観光唐津のシンボルとして
皆様に親しまれている。

ここ唐津城を最後に佐賀旅行は終了です。
やっぱり九州はおもしろい!

Dscf0112 

| | コメント (1)

2011年5月 8日 (日)

からつ

名護屋城へ行ってから、少し遅めの昼食

Dscf0099













美味しいんですが、正直イカばっかりはね・・・
お値段もなかなかです。

Dscf0105_2













そして、少し遅めの競艇

Dscf0108













おもしろいんですが、正直負けばっかりはね・・・
お値段もなかなかです。

| | コメント (0)

2011年5月 5日 (木)

第286回 日本の城

名護屋城:佐賀県唐津市鎮西町名護屋Dscf0098

名護屋城は、今からおよそ400年程前、国内を統一した豊臣秀吉がさらに朝鮮半島、中国大陸へ向け出兵(文禄・慶長の役 1592~1598年)するため、その軍事拠点として築かせた城である。
もとは、松浦党波多三河守親の家臣・名古屋越前守経述の居城(垣添城)であった所を高い石垣を用いて大きく改造している。

Dscf0088五層七重の天守閣や櫓、書院、数奇屋、櫓門などがそびえて、その雄壮な美観は大坂城と並び賞されたという。

また、名護屋城を中心として半径3kmの範囲に、約130ヶ所の大名陣屋が確認されています。
今回は時間が無かったので、一度ゆっくり周ってみたいものです。

名護屋城博物館には名護屋城や文禄・慶長の役についての展示がされていました。

Dscf0076

| | コメント (0)

2011年4月23日 (土)

ザ・ビースト

巨大イカが泳ぐ町『呼子』・・・

Dscf0065













いきなりですが、「日本三大朝市」として有名!?な呼子の朝市へ
行ってきました。

Dscf0059













まず目についたのが、イカをブンまわすマシン!

Dscf0069













イカを乾燥させるための機械のようですが、もはや観光スポット的な存在に・・・

朝市ではイカは食べませんでしたが、唯一食べたギョロッケは美味しかったです。

Dscf0056Dscf0063

| | コメント (2)

2011年1月16日 (日)

第285回 日本の城

上桜城:徳島県吉野川市川島町桑村Dscf0831

上桜城は、戦国時代の末、篠原紫雲長房が、
その経験を生かし、この天然の要害に築いた。
山頂の本丸は、二の丸、三の丸を廻らし、西の丸には北と南に空堀を持つ。

Dscf0836元亀3年(1572年) 長房は讒言によって主君
三好長治の率いる兵7千によって攻められ、
7月16日激戦の後、城兵全員が悲壮な戦死を
とげ落城した。
いわゆる上桜の戦で、城址の麓には両軍戦死者の慰霊碑がある。

城址案内板はすぐ見つかったんですが、迷ってしまいました。

| | コメント (0)

2011年1月15日 (土)

第284回 日本の城

松永城(犬墓城):徳島県阿波市市場町犬墓Dscf0818

戦国末期に松永久秀が築いたとされる。

将軍・足利義輝を殺害し、東大寺大仏殿を炎上
させるなど、悪名高い『松永久秀』。
阿波出身説もあるようです。

ちなみに、犬墓という地名の由来はこちら↓

Dscf0820

| | コメント (0)

2011年1月13日 (木)

第283回 日本の城

岩部城:香川県高松市塩江町Dscf0804

天霧城主・香川元信の弟・景兼と景秀は、兄の命により嘉吉年間(1441年~1444年)に阿波国麻殖郡川田荘に侵攻。
この時、川田八幡宮に祈願して勝利を得たこと
から、ともに川田氏を称した。

景秀の子・景安は岩部に移り住み岩部城を築いた。
現在の塩江中学校が城址とされる。

Dscf0802【岩部八幡宮】

景安が川田氏の尊信している阿波の川田八幡宮を岩部に勧請したそうです。

境内には大きないちょうがありました。

| | コメント (0)

2011年1月12日 (水)

第282回 日本の城

音川城:香川県高松市塩江町安原下Dscf0794

川田家の宗家、景兼の子・景信(川田信濃守)は13世紀末音川に移り住み、家の北方山頂に音川城を築いた。

音川城の北裾には高松藩主・松平家の別荘があったとされる。

Dscf0793城址は最明寺の北方約100mの小丘上に比定
される。

案内板があるだけでもうれしいものです。

| | コメント (0)

2011年1月11日 (火)

第281回 日本の城

鳥屋城:香川県高松市香川町安原下Dscf0790

由佐城主・由佐弥次郎秀助が、南の守りを固めるために築いたのが鳥屋城である。

南北朝時代、秀助は細川頼之に従い、鳥屋に
あって南朝軍の侵攻を防いだとされる。

城山頂部に若干の平坦部があるのみで、遺構はみられない。

またしても遠景のみです・・・

| | コメント (0)

2011年1月10日 (月)

宇宙兄弟

久しぶりに熱いマンガに出会った。

その名も【宇宙兄弟】。

宇宙への関心が高まる以上に、その人間ドラマに心を動かされた。

今後も楽しみだ。


そういや、事業仕分けで「廃止」と判定された「JAXA i」。

それでよかったのか・・・

| | コメント (0)

«第280回 日本の城